【日韓高校交流会・親善試合】荒木大貴(玉名工業)がフリースタイル50kg級代表で勝利


(以下、日本レスリング協会ホームページ抜粋)

日韓高校選抜交流競技会で韓国高校選抜チームが11月22日に来日。24日に東京・味の素トレーニングセンターで親善試合が行われ、フリースタイルは日本が12戦全勝、グレコローマンは4勝4敗。 日本が16勝4敗と、10月下旬の韓国遠征時に続いて勝ち越した。

 斎藤修団長(千葉・佐倉東高教)は「韓国でやった時より、韓国チームは元気だった。その中で16勝できたのは大きい。  日本のテクニックが上回っているのだと思う」と総括。「この交流の中から、世界で活躍する選手が生まれることを期待したい。  ロンドン・オリンピックで金メダルを取った金炫雨(男子グレコローマ66kg級)は、この交流会に2度参加している選手。

この中から、2020年の東京オリンピックで金メダルを取る選手が出てくることを期待したい」と話し、高校選手の貴重な経験の場と位置付け、両国の発展を望んだ。

 フリースタイルが12階級、グレコローマンが8階級と差があるのは、韓国のグレコローマンが圧倒的に強かった時代に、日本にハンディを与えるためだったという。  両国の実力が逆転した現在はその必要はないわけで、今後は各10階級にすることを考えているという。

 原喜彦副団長(新潟・県央工高教)は試合前、グレコローマンは「日本が全敗する可能性もある」と口にしていたが、4勝4敗の成績に「よくやってくれた」と選手の踏ん張りをねぎらった。  「高校の強化は、高体連の強化委員会の力ではなく、各所属の指導にかかっている。どのチームも必死にやっていて、技術指導も生活指導もしっかりしていることがうかがえる。  今後も頑張ってほしい」と、全国の指導者の熱意へ感謝し、激励の言葉を口にした。

開会式  苦言としては、選手の中には審判に無意味なアピールをする選手がいたこと。指をつかんでいるといったアピールや、なぜ0点なのかというゼスチャアをする行動などを「よくないこと」とばっさり。  「先週の全日本大学選手権でも何度か見かけた。流行みたいになっているのかもしれないが、何度も世界一に輝いている選手は、そんなことはしない。  審判に悪印象を与えることになるし、やっても意味がない」と話し、あくまでもレスリングで勝負することを望んだ。

 フリースタイルの横山秀和監督(秋田・秋田商高教)は「韓国での試合に続いて全勝はよかった。全体的に、片脚タックルで頭が外にある時の処理にもたつきが見られた。  もうひとつ工夫が必要。どうしてもポイントを取れない時は、場外ポイントで先制を狙うこともひとつ。先制され

れば相手は焦るので、自分のペースに持ちこめる」など、技術、戦術のアドバイス。

 入江和久コーチ(茨城・霞ヶ浦)は「全勝できてよかったが、自分の勝ちパターンに持ち込めない選手もいた。自分の得意な技が通じない時に別のパターンに持って行くなど、努力してほしい」と話した。

 グレコローマンの森太郎監督(奈良・大和広陵高)は「韓国はグレコローマンを専門にやっている。差しなどで劣っているのは仕方ないが、そこを乗り切らないと勝つことはできない。  残りの合同練習でしっかり学んでほしい」と、グレコローマンの基本習得を注文。

 浅井努コーチは(京都・京都八幡高)は「差してからの攻撃がグレコローマンの基本。今日はジュニアのルールだったが(パーテールポジションの選択なし)、シニアのルールなら、常に先にパーテールポジションを取られている。  上(大学)でグレコローマンをするのなら、差して前に出る闘いができるようにしてほしい」と望んだ。

【フリースタイル】 50kg 荒木 大貴 (熊本・玉名工) ○ 3-2 An, Jae-Yong 50kg 阿部 敏弥 (東京・帝京) ○ TF5:52=10-0 Choi, Dong-Gil 55kg 乙黒 拓斗 (東京・帝京) ○ TF1:06=10-0 Cho, Min-Soo 60kg 成國 大志 (三重・いなべ総合学園) ○ TF2-04=10-0 Kim, Ha-Luel 60kg 磯川 利音 (京都・網野) ○ 4-3 Kim, Jin-Woo 66kg 三輪 優翔 (和歌山・和歌山北) ○ F2:17=8-2 Kim, Yong-Hak 74kg 松雪 泰成 (愛知・星城) ○ TF3:43=11-0 Ha, Il-Su 84kg 山崎弥十朗 (埼玉・埼玉栄) ○ TF5:06=12-2 Lee, Cheol-Yeon 96kg 二ノ宮寛斗 (岐阜・岐南工) ○ TF1:47=10-0 Kim, Ki-Bum 120k 石黒 峻士 (埼玉・花咲徳栄) ○ TF5:39=12-2 Ki, Yeon-Jun 55kg 岩澤 侃 (秋田・秋田商) ○ TF0:47=10-0 Kim, Ha-Luel 66kg 三輪 優翔 (和歌山・和歌山北) ○ TF5:49=10-0 Cho, Min-Soo

【グレコローマン】 50kg 小川 翔太 (茨城・霞ヶ浦) ○ 5-3 Choi, Hyun-Woong 55kg 鈴木 絢大 (静岡・飛龍) ○ 4-3 Son, Hee-Dong 60kg 宇井 大和 (和歌山・新宮) 1-2 ○ Jung, Tae-Sung 66kg 梅林 太朗 (東京・帝京) 5-6 ○ Kwon, Min-Sung 74kg 林  雷 (山梨・韮崎工) ○ TF4:08=10-2 Lee, Seung-Hwan 84kg 藤井 達哉 (滋賀・栗東) ○ 2L-2 Park, Jea-Woo 96kg 白鳥 慶樹 (長野・小諸) 3-8 ○ Choi, Won-Jin 120k 冨栄 雅秀 (茨城・霞ヶ浦) TF0:54=0-8 ○ Kim, Ki-Sung

Featured Posts
Recent Posts
Archive
Search By Tags
まだタグはありません。
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

Twitter

Follow us

Subscribe

Facebook

Become a Fan

YouTube

  • Twitter Metallic
  • Facebook Metallic
  • YouTube Metallic

熊本県レスリング協会

お問い合わせは右記フォームよりメッセージを送信お願いします。

 

現在、過去の熊本県選手の情報を集めています

過去の大会記録など情報がございましたら右記フォーム

より情報提供をお願いします

 

お名前 *

Email *

件名

メッセージ

BECOME A WORLD CHAMPION OF WRESTLING!!

© 2014 by KUMAMOTOWRESTLING Associastion.  Proudly created with Wix.com