【県高校総体】玉名工28連覇(学校対抗戦)を達成し、九州大会2冠を狙う

平成30年度 熊本県高等学校総合体育大会 レスリング競技が、玉名市・桃田体育館(6月2日)で行われた。

学校対抗戦では、玉名工と小川工の一騎打ちにて、5-2で玉名工が安定した内容(4フォール、1Tフォール)で28年連続インターハイ出場を決めた。

 

(写真/団体優勝の表彰を受ける玉名工大野主将と優勝旗をもらう玉名工 荒木副主将) 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(H30.6.3 熊日新聞記事より流用)

チームの底上げを

レスリング男子の団体戦は、玉名工が28連覇を飾った。大野恵太郎主将は「連続優勝を伸ばせたのはうれしい。でも、もっとチームを底上げしたい」と今夏のインターハイに照準を合わせた。
団体戦は7階級の対抗戦。小川工との一騎打ちは、春の全国選抜大会の66㎏級で準優勝した大野主将を含め5人が白星を挙げ、そのうち4つはフォール勝ちで快勝した。


 荒木和希副主将の復調もチームを元気づけた。練習中に膝を痛めた影響で3月の全国選抜大会の個人戦を棄権。それ以来の実践だったが、本来の80kgより1階級思い125kg級に出場し、軽快な動きからフォールを決めた。
大野主将とともにポイントゲッターと期待される3年生の副主将は「春は不完全燃焼だったが、最後の夏は良いコンディションで臨めそう」と手ごたえを口にした。
-----以上


学校対抗戦(内訳)

51㎏級)
 中尾(玉名)〇フォール● 濱田(小川)

55㎏級)
 田島(玉名)●Tフォール〇 西村(小川)

60㎏級)
 上田(玉名)〇フォール● 今井(小川)

65㎏級)
 坂口(玉名)〇フォール● 三浦(小川)

71㎏級)
 大野(玉名)〇Tフォール● 田中(小川)

80㎏級)
 岩間(玉名)●判定〇 藤井(小川)

125㎏級)
 荒木(玉名)〇フォール●丸山(小川)

 

(写真/団体28連覇を達成した玉名工)

 

(写真/団体準優勝で九州大会入賞を狙う小川工業)

 

(写真/女子強化に切り替え日本一を狙いに行く北稜高校)

 

(写真/開会式で選手に激励を行う内野 熊本県レスリング協会 会長)

 

 

(写真/世界カデット、ジュニアに出場する選手の激励・壮行会)

写真左から

 1.世界ジュニア フリースタイル57kg 荒木大貴(玉名工/専修大2年)の代理で父・丈晴氏

 2.世界カデット女子 53kg 大野真子(北稜高1年)

 3.世界カデット女子 コーチにアサインされた 矢山弘明(北稜高教諭

 

 

 

Please reload

Featured Posts

【高校総体・代替】2020熊本県高校生レスリング大会・小川工が玉名工を4-3で下し初勝利

August 4, 2020

1/1
Please reload

Recent Posts
Please reload

Archive
Please reload

Search By Tags

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

Twitter

Follow us

Subscribe

Facebook

Become a Fan

YouTube

  • Twitter Metallic
  • Facebook Metallic
  • YouTube Metallic

熊本県レスリング協会

お問い合わせは右記フォームよりメッセージを送信お願いします。

 

現在、過去の熊本県選手の情報を集めています

過去の大会記録など情報がございましたら右記フォーム

より情報提供をお願いします

 

BECOME A WORLD CHAMPION OF WRESTLING!!

© 2014 by KUMAMOTOWRESTLING Associastion.  Proudly created with Wix.com

お名前 *

Email *

件名

メッセージ