【世界ジュニア】荒木大貴(専修大2年/玉名工)が躍進誓う(9.17~スロバキア)

NHK 熊本 NEWS WEB より

( H30.9.4に、帰省した荒木選手 )

NHK記事の内容(取材動画あり)

今月開かれるレスリングの世界大会に出場する玉名市出身の荒木大貴選手が、大会を前に地元の市役所を訪れ、躍進を誓いました。

専修大学2年の荒木大貴選手は玉名市出身で、玉名工業高校のレスリング部在籍時には国体で3連覇を達成し、2年後の東京オリンピックに向けた県の「育成指定選手」に選ばれるなど、今後の活躍が期待されています。 荒木選手は、今月17日からスロバキアで始まる世界ジュニアレスリング選手権に出場するのを前に4日地元の玉名市役所を訪れ、蔵原隆浩市長に「1回戦から気を抜かずにしっかりと戦い、日頃の練習の成果を出して玉名のPRにつなげます」と大会への抱負を述べました。 これに対し、蔵原市長は「平常心で臨めばおのずとよい結果が出ると思います。またうれしい報告に来てくれるのを楽しみにしています」と激励していました。 訪問を終えた荒木選手は「東京オリンピックは自分にとってまたとないチャンスだと思うので、照準を合わせて、もっとレベルアップしていきたい」と話していました。

Featured Posts
Recent Posts