【全少大会】タイガーキッズが2階級制覇・三浦選手は5連覇を達成

2018/07/29

全国少年少女レスリング選手権大会
2018年7月27~29日
大阪・府民共済スーパーアリーナ=舞洲アリーナ

 

 


(日本レスリング協会HPより引用)
第35回を迎えた全国少年少女選手権は7月27日、大阪・府民共済スーパーアリーナ(舞洲アリーナ)で47都道府県から218クラブ、1339選手が参加して開幕。開会式のあと一部の階級の試合が始まった。


昨年から小学3年生以上の大会となり、昨年は1043選手が参加。今年はそれを約300選手上回った。1339選手は、6学年でやっていた2009年大会の1307選手より多い選手数。

 

開会式は、全国少年少女連盟の梅原龍一理事長の開会宣言のあと、大阪音楽大学の田中勉教授の君が代斉唱。続いて全国少年少女連盟の今泉雄策会長が「2024年はパリ、2028年はロサンゼルスでオリンピックが決まっている。ここにいるみんなにチャンスがある。体調を気をつけて、いい試合をしてください」と、日本協会の福田富昭会長が「皆さんは日本レスリング協会の宝物。一生懸命にレスリングをやり、中学、高校でもレスリングを続けてください」と、それぞれ激励した。

 

大阪出身で、イラスト提供などキッズ・レスリングの隆盛に貢献している「キン肉マン」の作者の嶋田隆司さんが来賓として登壇。「2011年から少年少女大会を応援していました。故郷に大会が来るということで、うれしく思います。キン肉マンは弱い子が努力してチャンピオンになった物語です。勝つばかりがいいわけではない。負けることもいい経験」と、負けたあと立ち上がることの重要性を訴えた。


選手宣誓は高槻市連盟の長谷川大和選手と茨木市教室の棚田紗雪選手で、「西日本豪雨の被災地に勇気を与える試合をやりたい」など、全力ファイトを誓った。


JWF協会HP 結果
 

熊本県勢の結果(上位入賞者)

4年生の部 29㎏級 本田隆喜(Tiger Kids)3位

 

6年生の部 50㎏級 三浦修矢(Tiger Kids)優勝

 

6年生の部 55㎏級 石田獅童(Tiger Kids)3位

 

6年生の部 60㎏級 石田悠稀(Tiger Kids)優勝


三浦修矢選手は1年生の時に準優勝し、2年生で初優勝した。
それ以降、負けなしの5連覇を達成した。

Please reload

Featured Posts

【高校総体・代替】2020熊本県高校生レスリング大会・小川工が玉名工を4-3で下し初勝利

August 4, 2020

1/1
Please reload

Recent Posts
Please reload

Archive
Please reload

Search By Tags

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

Twitter

Follow us

Subscribe

Facebook

Become a Fan

YouTube

  • Twitter Metallic
  • Facebook Metallic
  • YouTube Metallic

熊本県レスリング協会

お問い合わせは右記フォームよりメッセージを送信お願いします。

 

現在、過去の熊本県選手の情報を集めています

過去の大会記録など情報がございましたら右記フォーム

より情報提供をお願いします

 

BECOME A WORLD CHAMPION OF WRESTLING!!

© 2014 by KUMAMOTOWRESTLING Associastion.  Proudly created with Wix.com

お名前 *

Email *

件名

メッセージ